弁護士費用・相談料について

弁護士報酬について

2004年3月までは弁護士会が弁護士報酬の基準を定めていましたが、弁護士法の改正を受けて弁護士会としての報酬基準は廃止され、同年4月1日以降は弁護士と依頼者との間で報酬を自由に定めることになりました。

ただ、弁護士報酬が自由化されても、その額は、依頼された事件の難易軽重並びに依頼者の資力及びその受ける利益等を考慮した適正かつ妥当なものでなければならないことに変わりはありません。このような観点から、それぞれの弁護士又は法律事務所が、報酬の種類、金額、算定方法、支払時期その他報酬を算定するために必要な事項を明示した報酬基準を作成して事務所に備え置くことになりました。したがいまして、弁護士報酬の具体的な金額や算定方法等につきましては、相談や依頼をされる際に直接弁護士にお尋ね下さい。

弁護士報酬の目安

日本弁護士会連合会では、弁護士報酬の目安を知ってもらうために、全国の弁護士に対するアンケートの結果を要約したリーフレット「市民のための弁護士報酬ガイド」を作成していますので、ご参考にして下さい。

市民のための弁護士報酬ガイド・詳しくはこちら » 

また、一定の要件を満たす場合には法律扶助協会による弁護士費用の立替えの制度をご利用いただけますので、弁護士にご相談ください。

ページのトップへ戻る
無料法律相談カレンダーのご案内
法律相談会場のご案内
法律相談窓口
司法過疎地域巡回無料法律相談
ひまわりほっとダイヤル
ひまわりお悩み110番
弁護士無料派遣
災害特設ページ
鹿児島県弁護士会へのお問合せ
鹿児島県弁護士会会員ページへログイン
鹿児島県弁護士会CM