ADR(紛争解決センター)

鹿児島県弁護士会の紛争解決センターでは、ベテランの弁護士が調停人となって、話し合いによってスピーディーなトラブル解決のあっせんをいたします。

建築紛争などの専門的事件については、専門家の意見を聞くことができる専門委員の制度もあります。簡単な申立書と、申立時2万円の手数料とで、手軽に申立ができます。(解決時には所定の成立手数料がかかります。)

話し合いによる解決が可能な案件かどうかを判別するため、申立てにあたっては、はじめに弁護士の法律相談を受けていただくことになっています。まずは、下記の事務局までお問い合わせください。

鹿児島県弁護士会紛争解決センター事務局
TEL:099-226-3765  受付時間 毎週月~金 10:00~16:00

Q&A

Q1 「調停」「示談あっせん」とは何ですか?

A1 弁護士が、公平・中立な立場で、申立人と相手方の双方の言い分をよく聞いたうえで、話し合いによるトラブル解決(和解)のあっせんをします。

Q2 どんなときに利用できるの?

A2 お金の貸し借りや借地借家、交通事故、欠陥住宅、離婚問題、遺産問題、解雇、セクハラ問題など、身の回りの様々なトラブルの解決に幅広く利用できます。

Q3 どのように利用すればいいの?

A3 まずは弁護士による法律相談を受けてください。相談担当弁護士が解決のためのアドバイスをいたします。その際、調停や示談あっせんで解決した方が良いと思われるトラブルについては、相談担当弁護士が手続についてアドバイスをいたします。

Q4 時間と費用はどのくらいかかりますか?

A4 2~3回の期日、3か月以内の早期解決を目指します。紛争解決センターの調停の申立手数料は20,000円です。成立手数料については早見表をご覧下さい。

Q5 裁判と違うのですか?

A5 短期間で、形式にこだわらない柔軟で納得のいく解決を目指します。手続は非公開ですから当事者双方の秘密が守られます。

手続きの流れ

手続きの流れ

① 相手方に調停・示談あっせん期日への出席を呼びかけます。 相手方が期日に出席しない場合は手続を進められません。相手方となった方も、申立人の言い分を聞いてみようというお気持ちで是非ご出席ください。

② 3回、3か月以内での解決を目指します。

③ 弁護士が立会人となり、申立人・相手方双方が署名捺印して和解契約書を作成します。

費用・手数料のご案内

  • 法律相談料 原則30分5000円
  • 申立手数料 20,000円
  • 成立手数料 原則として下表のとおり解決額に応じて算出されます。
解決額 割 合
100万円までの場合 8%(5万円が下限)
100万円を超え300万円までの場合 3万円+5%
300万円を超え3000万円までの場合 15万円+1%
3000万円を超える場合 30万円+0.5%

成立手数料早見表

解決額 成立手数料(総額) 1人あたり成立手数料
50万円 50,000円 25,000円
100万円 80,000円 40,000円
150万円 105,000円 52,500円
200万円 130,000円 65,000円
300万円 180,000円 90,000円
500万円 200,000円 100,000円
1000万円 250,000円 125,000円
1500万円 300,000円 150,000円
2000万円 350,000円 175,000円
3000万円 450,000円 225,000円
5000万円 550,000円 275,000円
1億円 800,000円 400,000円

具体例

金銭トラブルに関して紛争解決センターに申立をし、相手方に300万円支払ってもらう内容の和解が成立した場合に、申立人が支払う手数料

申立手数料 20,000円
成立手数料 180,000円÷2=90,000円
(原則として当事者で折半)
合計 110,000円
ページのトップへ戻る
無料法律相談カレンダーのご案内
法律相談会場のご案内
法律相談窓口
司法過疎地域巡回無料法律相談
ひまわりほっとダイヤル
ひまわりお悩み110番
弁護士無料派遣
鹿児島県弁護士会へのお問合せ
鹿児島県弁護士会会員ページへログイン
鹿児島県弁護士会CM